macOS Montereyでexeファイルを動かす

Wineskinのアイコンと設定画面のスクリーンショット
Wineskin (クリックでGitHubへ)

環境

  • OS: macOS Monterey 12.0.1
  • HW: iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017)

追記: 未テストであるが、Apple Silicon(Apple M1チップ)でも動作する模様。試された方が居りましたらコメント欄にて情報共有求む!

いきさつ

パナソニックのネットワークカメラBB-SC384B(カメラBB)をセットアップする必要があり、初期状態のカメラをLANに接続。IPアドレスのネットワーク部が異なるためiMacからカメラが見えなかったので、説明書に則り「Panasonic IP簡単設定ソフトウェア」というセッツアップツールを使ってカメラのネットワーク設定を自LAN環境に合わせることにするも、ツールがWindows版しかなく、結局exeファイルをダウンロードしてさてどうしよう、となった時にWineskinなる素晴らしいツールを見つけたので、ここでそれをご紹介。

Gcenx/WineskinServer: Wineskin on GitHub

インストール

GitHubに記載の通りhomebrewを使ってインストール。次のコマンドでさくっとインストール。

brew install --no-quarantine gcenx/wine/unofficial-wineskin

初期設定

Wineskinを立ち上げると次のような画面が現れる。

Wineskin Wineryメイン画面
Wineskinメイン画面

最初は“Installed Engines”欄に何も無いと思うので、+アイコンをクリックしてエンジンをインストールしよう。

Engineのインストール画面
エンジンのインストール画面

色々なエンジンが選べるが、今回は64bit対応しつつ最新のmacOSでも(No TestだがおそらくApple M1のようなApple Siliconチップでも)使えるWS11WineCX64Bit20.0.4を選択した。インストールしたらメイン画面に戻り、“Wrapper Version”欄のUpdateをクリックし、ラッパーを最新のものへアップデートしよう。

さて、これでもう使える。仕組みとして“Wrapper(ラッパー)”と呼ばれるmacOSアプリケーション(.app)を作成し、このラッパー内に擬似Windowsが居る(擬似Cドライブもここに生成される)のでWineの力でexeファイルを実行できる模様。使いたいexeファイルごとにラッパーを作成することとなる。では“Create New Blank Wrapper”をクリックしよう。

Create a Wrapper画面
ラッパー作成画面

任意の名前のアプリ(ラッパー)を作れる(半角英数字とハイフンとアンダースコアが利用可能)。今回はexeファイルと同名の「EasyIpSetup.app」とした。OKをクリックして進む。

するとWineのポップアップやWineskinのポップアップがチラチラ現れ、ラッパーを一生懸命にこしらえてくれている様子が伺える。少しすると“Wrapper Creation Finished”という嬉しいダイアログが現れる。

Wrapper Creation Finished画面
ラッパー作成完了ダイアログ

つくったラッパーは~/Applications/Wineskin/内に保存される。macOSのLaunchpadにもこのアプリ(ラッパー)は表示される。

Launchpadに表示されている作ったばかりのアプリ(ラッパー)アイコン
Launchpadに表示されたラッパー(アプリ)

さて、ラッパーを起動すると、セットアップ画面が表示される。

ラッパー初回起動時に現れるセットアップ画面
ラッパーのセットアップ画面

画面設定やより細かな設定も行えるが、今回はWindowsであってもインストール不要で使えるexeファイルを実行するだけなので、素直に“Install Software”をクリックして進む。するとInstaller(インストーラ)画面が現れる。

Installer画面
インストーラ画面

もし、exeファイルがインストーラならば(Windows環境でもインストールウィザードが表示されるものならば)“Choose Setup Executable”をクリックする。

今回はインストール不要のexeファイルなので、“Copy a Folder Inside”あるいは“Move a Folder Inside”を選択した。これはexeファイルをラッパー内にコピーあるいは移動して、exeファイルが実行できるようにするオプションである。今回は“Move a Folder Inside”をクリック。これでexeファイルはラッパー内に移動されるので、外見完全にmacOS用アプリにしか見えないようになる。なお、これをクリックした場合、選択対象はフォルダとなる点に注意。そのため事前にexeファイルを適当な名前のフォルダに入れ、そのフォルダを選択する。

exeファイルを適当な名前のフォルダの中へ入れたところ
分かりやすくexeファイルと同名のフォルダへ入れた

すると、どのexeファイルを実行させたいのか、ダイアログが表示される。

Choose Executable画面:ここで実行させたいexeファイルを選択する
実行ファイル選択画面 (ご覧のようにラッパー内に生成された擬似Cドライブ内にexeファイルが存在していることが分かる)

“EasyIpSetup.exe”がまさに動かしたいWindowsアプリケーションなのでOKをクリックしてセットアップを終える。すると魔法のようにEasyIpSetup.exeが起動するではないか!

Panasonic IP簡単設定ソフトウェア(exeファイル)がmacOS上で動作している様子(ライセンス同意画面)
“Panasonic IP簡単設定ソフトウェア”の初期画面

懐かしのUIながらきちんと動作している。ライセンスに同意すると“Panasonic IP簡単設定ソフトウェア”のメイン画面が表示された。

Panasonic IP簡単設定ソフトウェアのメイン画面
“Panasonic IP簡単設定ソフトウェア”のメイン画面

改めてネットワークカメラをLANに接続するときちんとリストに表示され、そのままネットワーク設定も出来、無事ブラウザからアクセスすることができるようになり、ネットワークカメラも無事設置できた!めでたし。

ラッパーは一度exeファイルをインストールすれば、2回目以降の起動ですぐにexeファイルが起動する。本当にWindowsアプリケーションがmacOSアプリ化される感覚。なお、ラッパーを削除したい場合は~/Applications/Wineskin/直下にある該当アプリ(ラッパー)をゴミ箱へぽいするだけ。文字通りラッパー(包まれた環境)なので外部に設定ファイルなどを生成することも無く、飛ぶ鳥跡を濁さずが如く。大変使い勝手が良い。

「~/Applications/Wineskin/」直下にラッパーが保存されている様子をスクリーンショット
ラッパーの場所

さて、今回使用したWineskinはexeファイルをGUI操作で簡単にmacOSアプリ化できる逸品であった。64bit対応やmacOS Montereyでの動作、さらにはApple Siliconでも動くというのでちょっとした場面で活躍することだろう。仮想環境にWindowsをインストールせずとも、ちょこっとした設定のためだけにWindows PCを引っ張り出すことをせずとも、気軽にexeファイルを実行できるので、大変におすすめのアプリである。

3760505930872356663 https://www.storange.jp/2021/11/how-to-use-wineskin.html https://www.storange.jp/2021/11/how-to-use-wineskin.html macOS Montereyでexeファイルを動かす 2021-11-15T18:09:00+09:00 https://www.storange.jp/2021/11/how-to-use-wineskin.html Hideyuki Tabata 200 200 72 72