気になる3Dシステム

3Dテレビや3D映画という話題は、最近よく耳にするようになった。しかし、飛び出すと噂のテレビで実際に視聴してみたところ、”飛び出す感覚ではなく、奥行きで立体感を出してる”という感想を持ってしまった。自分としては、画面から自分の鼻先まで映像が飛び出してくることを期待していた。

自分の中のイメージ。
(画像元はSONYのBravia)

更に、3Dに見せる仕組みによっては残像感があったり、3D酔いといった症状が出る場合もあったらしく、そういった話を聞くと3Dに対してよい印象を持てずにいた。


しかし、時は常に移り変わってゆく…


本格的な3D映画はもはや"AVATAR"だけではなくなったのだ!
"アリス・イン・ワンダーランド"、"タイタンの戦い"、"トランスフォーマー"、"トロン"などなど…最近公開された映画なら大体が3D作品となった。さらに、3DプラスIMAXで上映する映画館が出現するなど、驚くほどの早さで普及してきた。こんな状況になると、3Dに対して抵抗を持っているままでいいのか?!と自分に問いたくなって来る。

そして今日、私は自身の考えを変えてみた。3Dに対して抱いていた悪い印象を崩してみた。固まりつつあった概念をほぐしてみた。


そんな時にこんな製品を見てしまったら、3Dへの印象は逆転する。こんな製品、とはSONYが2011年の11月11日に発売した、、、

だ!!!

製品名は"ヘッドマウントディスプレイ Personal 3D Viewer (HMZ-T1)"(以下HMDとします)
メガネのように装着すると、まるで750インチもの超大型ディスプレイが出現したように見えるのだとか。さらに組み込まれたヘッドフォンからは、5.1チャンネルサラウンドで聞こえてくるのだとか。メーカのこだわりやメガネの仕組み・詳細が知りたい人は、ここへリンクしてみよう。

調べてみるとこの製品、インターネット上での評価も良い。以下適当にリンクぺたぺた。


値段はAmazonだととても高くなっているけれど、家電量販店で購入すれば6万円弱で購入可能みたい。3Dプラス5.1チャンネルサラウンドプラス低価格(他の製品と比べたとき)であることを考えると、すごい商品だなと、、、すごい商品だな!と思った。


今の自分の気持ち:買ってみたいな~。SONY製品だから手持ちのPS3とつなげれば相性抜群で3Dも観ることができるんだろうな~。

5227123101373416622 http://www.storange.jp/2011/12/3d.html http://www.storange.jp/2011/12/3d.html 気になる3Dシステム 2011-12-11T22:12:00+09:00 http://www.storange.jp/2011/12/3d.html Hideyuki Tabata 200 200 72 72